通販で中古ブランド品を購入するときの注意点

中古ブランドを見るときに、ちょっとした心構えを貴方に

通販で中古ブランド品を購入するときの注意点

「ブランド」とは、決して高品質とか高級を表す言葉ではなく、「類似する他(ほか)との差別化を図る為に」、または「ユーザーが他所(よそ)と間違えない様に判りやすくする為に」用いられるものです。 しかし成功したブランドは偽物が出てくることも多く、消費者としては、偽物を選ばない様に気を付けたいものです。

ブランドとは

通販ページを見ていて、どれを選ぶかで悩む事も有ると思います。
同じ様な商品でも、値段が全然違ったり、オプションが違ったりする事がありますので、じっくり見比べると良いでしょう。
中古である以上、例えブランド品でも故障や傷・シミなどがあったり、モノによっては保証期間が過ぎている事もあります。
どのような状態の商品を自分は求めているのか、事前に意識しておくと、商品選びの時間を節約出来るでしょう。
また、一般的な価格に比べて、高いか安いかと言う価格の観点や、将来的に価値が上りそうか等のプレミアム的な価値と言う観点も判断材料になると思います。次に重要になってくるのは、支払い方法です。
「事前の銀行振込」「着払い」「カード決済」「電子マネーによる決済」等、そのショップで、どの支払方法を選択可能かや、それぞれの支払い方法の、手数料やリスクの違いについて、良く知っておくと、トラブルに遭遇する確率を低減できるでしょう。
支払った後で、商品が届かない様なトラブルに遭遇する事も、稀には有るようですから、無店舗のショップよりは、リアルに店舗を構えているショップの方が安全度は高いでしょう。
そしてトータルコストを考える場合、適切な輸送コストとリスクの選択は大切です。
輸送方法や保険適応の可否、税関に関する手続きの要否等について良く勉強して、適切な手段やオプションを選択するのがよいと思います。
ちなみに、輸送方法では、厳重な梱包、簡易包装、上下逆さまにしない「天地無用」指定や、スピーディーな航空貨物、日数は要するが安い船便、お手軽な郵便小包や、各社宅配小包や、荷物の輸送状況を見ることが出来る追跡サービス等、数々の選択肢があります。
これらの選択次第で、トラブル発生時の対処も変わります。

商品の「状態」「価値」「価格」

出品されている商品の状態を知ることは大切なことです。電話で問い合わせる以外にも、メールやSNSなどで問い合わせが可能なはずですので、ネットショップの掲載をしっかり読み、写真などを確認し、購入の意思がある場合、疑問点について、どんどん質問をすると良いでしょう。

「リスク」「心構え」「万一失敗したとき」

「商品状態」「リスク」「輸送方法」「支払方法」すべてにおいて、疑問点を解消し、万一の事態に対応策ができていれば、一応の「心構え」が出来たと言えます。 この様な、雑多な知識や作業についても精通しておくことが、通販で中古ブランド品を購入するときの注意点を承知するのに、最も効果があります。