通販で中古ブランド品を購入するときの注意点

中古ブランドを見るときに、ちょっとした心構えを貴方に

通販で中古ブランド品を購入するときの注意点

この記事をシェアする

「ブランド」と言う言葉が持つ意味

「ブランド品」という言葉は「ブランド」と「商品」の合わさった言葉ですね、そこで「ブランド」と言う言葉の概念を理解しましょう。
「ブランド」は、決して高品質とか高級を表す言葉ではなく、企業や商品について、類似する他(ほか)との差別化を図る為に、またはユーザーが他所(よそ)と間違えたりしない様に、判りやすくする為に用いられるものです。具体的には、ブランドは「名前」であったり、「デザインされた図形」であったり、「色使い」であったりします。
一例として100円均一のショップでは、有名なところで「DAISO」や「Seria」等がありますが、それぞれに、統一されたロゴや色使いや、商標があります。
それぞれの「ブランド」を確立することで、100円均一ショップ業界に数多く林立する、多くのお店の中で、単一の識別可能な企業として利用者に訴えかけることが出来、利用者に対して、判り易さを提供できます。

高品質への方向性

商品やサービスには、提供する側の送り手と消費者等の受け手が存在します。
受け手側は、享受したい品質やサービスの尺度として「ブランド」を意識し、送り手側は機能を増やしたり、性能を高めたり、品質を良くしたり、自分たちが形作る商品やサービスをより高い次元に昇華させる動機に結びついていくことでしょう。
そのため、「ブランド=高品質」と言う方程式が出来きるのは、ある意味自然な流れかもしれません。
企業が「ブランド化」を行う目的は二つあると思います。一つは「消費者に対して競合他社との識別をしやすいようにする。」、もう一つは「スタッフに対して高い品質を目指してもらう為。」です。
仮に「ブランド化」が成功すると、偽物が出て来る事がありますので、消費者としては偽物を選んでしまわない様に、気を付けたいものです。