通販で中古ブランド品を購入するときの注意点

中古ブランドを見るときに、ちょっとした心構えを貴方に

「リスク」「心構え」「万一失敗したとき」

この記事をシェアする

「リスク」と「支払方法」

通販で中古ブランド品を購入する場合にリスクはつきものです。「通信販ゆえ」「ブランド品ゆえ」「中古品ゆえ」等が思いつくところですが、さらに「支払(決済)方法」や「輸送方法」等によるリスクもあります。
偽物被害の回避は、ショップの鑑定士さんの信頼性をどう見るかですが、信頼できる店舗で、信頼できる人のアドバイスを受けて購入するのが良いでしょう。
「偽物」被害は「着払い」では回避できませんが、代金振り込み後の商品未着やショップの音信不通による代金被害は、「着払い」で回避できます。
一般的には、出品された商品に関する説明や写真を見て、納得の上買っているため、コピー品と判明しても、特段の対応を求めるのが難しいかもしれません。どの程度の商品を、どの程度の価格で購入し、どういう輸送手段を用いて配達してもらうか、その輸送に保険を掛けるかどうか、よく考えて自分にとって最良の判断を目指していただければと思います。

「心構え」「万一失敗したとき」

「心構え」とは何かと言えば、それは、通販で買い物をするときに、
「自分が必要とするもの」を明確に承知していて、「発注した商品の状態」を正しく認識できていて、「価値や価格」について正しく判断を行えていて、相応の「リスク」も承知していて、「万が一の事態に備える」準備ができていて、一応の準備を終えている事ではないでしょうか。
上記の準備ができているのでしたら、一応の心構えはできていると言えるでしょう。
そうなれば、あとは到着を待つばかりです。

余談ですが、次のようなご意見や経験談がありましたので掲載いたします。「高級ブランド品は通販で買うべきではなく、店舗で実物をしっかり確認して購入すべき」「通販で購入するにしても、リアル店舗を持っているショップで買えば、突然の音信不通は避けやすい」「偽物と判明した場合、質屋さんで鑑定書を書いてもらって、ショップに返金を求める」